注目『自動販売機』新型コロナウイルス対策にちょうどいい 非接触 24時間販売中 |
Sponsoring
Sponsoring

注目『自動販売機』新型コロナウイルス対策にちょうどいい 非接触 24時間販売中 

自動販売機
Sponsoring

新型コロナ対策 緊急事態宣言解除

 緊急事態宣言が49日ぶりに解除になりました、ひとまず安心ですが、コロナが収まったわけではありません。

コンビニやスーパーでは、飛沫防止の為、ビニールにでレジを仕切るのが当たり前になり、感染予防対策をされています。

social distancing (ソーシャルディスタンス)

公衆衛生戦略を表す用語で、疾病の感染拡大を防ぐため、意図的に人と人との物理的距離を保つこと。

コンビニでも、現金やレシートの手渡しを辞めていますね。

ただ、硬貨やお札・レシート等でお店の人と接触をしている以上、あまり意味ないようにも思えます。

電子マネー等で非接触に心掛けるひつようが大事ですね。iDで払うとコンビニでも2%引きになりますのでおすすめですね。

自動販売機

そんな時代だからこそ、人との接触をしないで、商品を購入できる自動販売機が注目を浴びています。

自動販売機は全国に420万台以上あります。

コインロッカーや両替機も自動販売機扱いですね。

20年ぐらい前は、たばこの自販機が多かったのですが、喫煙者の減少、本人確認が必要などの機械対策費用がかかるため、不採算の自販機は撤去されています。

自販機の半部のシェアを占める清涼飲料自販機 2018年末の清涼飲料自販機の普及台数は、「缶・ペットボトルなどの清涼飲料自販機」が212万台。

「牛乳など紙パック自販機」が12万6,900台。 「コーヒー・ココアなどカップ式自販機」が15万4,000台。 合計で240万900台となっています。

清涼飲料自販機

街を歩けば、どこにでもある、あの自販機が212万台もあるんですね。

その約半分近くの100万台ぐらいが、コカ・コーラの自販機です。

やはりオリンピックスポンサーをする世界的企業ですね。

自動販売機のメリット・デメリット

(メリット)

 ・無人販売なので、人との接触をしないで商品を購入できる。

  (人件費がかからない)

 ・24時間・365日販売・購入が可能です。

(デメリット)

 ・機械代がかかる (購入・リース・レンタルなど)。

 ・限られた商品しか販売出来ない。サイズが適していないと使用不可。

 ・電気代がかかる。

 ・空き容器などが発生するので、自販機とゴミ箱など設置場所が必要

  狭い場所だと適さない。

デメリット補足

 ・飲食店経営の場合、ラーメン屋さんがとくに多いですが、食券自販機を設置されてる場合があります。この食券はお店が用意しますので、自販機費用はお店・お客様には負担は掛かっていませんが、実際はラーメン代に自販機費用分が含まれているのが現実ですね。

 ・清涼飲料自販機は、ほとんどが業者にサービスを依頼して、手数料をいただくことになっております。なので、機械代は無料です。電気代は設置場所(オーナー)負担が基本契約となります。手数料も設置場所の使用用途によって異なります。

例1)利厚生目的で設置の場合

  清涼飲料130円商品を100円で販売

  手数料は 0円  

  従業員に還元するパターンです。

例2)パチンコ屋 営利目的

  清涼飲料水 130円を150円で販売

  手数料を 75円支払うパターン 

 利用が多い自販機ほど、手数料は高額になる傾向です。

例3)基本

  清涼飲料水 130円販売

  手数料  20円~26円ぐらいが基本となります。

電気代は 自販機の年式やサイズで異なりますが 缶やPETボトル自販機で2000円から3000円程度です。設置場所にもよります。冷蔵庫と同じで自販機のドアを月に1回しか開けない場合と毎日開ける自販機だと電気代が変わるということですね。

1日5~6本 売れたら赤字にはならないです。

mag

自販機なんか置いても儲からないよ

T2

そんなことはありません。

ある自販機会社ですが、年間売上が1000億以上あります。

そのうち手数料は、20%以上あると噂されています。

mag

儲かっているところもあるということですね。

T2

そういうことです、200万台以上も自販機がある。

儲からないなら、無くなりますよね

自販機業界の工夫 

だしの自販機です

2種類しかないですが、商品を絞ることにより在庫管理や補充によるルートオペレーション費用を節約できますね。だしの自販機は興味がそそります。

清涼飲料水&マスク

健康ドリンクとマスクを販売しています。なかなかのアイデアですね

災害ベンダー

災害時に自販機の商品を無償で提供します。

地方自治体や役所関係に多く設置されています。

10円自販機

大阪で有名な10円自販機です

観光名所にもなっております。オーナーさんが自ら補充しています。売れば売るほど赤字だそうです。

mag

10円で販売は凄いですね

T2

流石、大阪ですね

10円で販売するアイデアは素晴らしい

mag

10円だと儲からないですよね

大富豪なのか?

T2

10円で販売だと利益は無料で商品を仕入れても最大10円。

電気代や時給を考えたら、大赤字ですね

ただ、大阪商売人が、そんなことはしませんよ

エビで鯛を釣る手法ですね。

mag

エビで鯛?

T2

話題になることで、YouTubeやTwitterで拡散され宣伝になってますよね、いわゆる広告 広告宣伝費と思えば安いのでは?

mag

なるほど、拡散されて有名になり

事業拡大出来そうですね

T2

他にもカラクリはありますが、また後日お話しします。

mag

気になりますね

今後について

コロナの影響で、過去に流行った自販機を複数並べて営業するスタイルが復活するかもしれませんね。無人カフェ・無人スペースなど

緊急事態宣言解除が新しい生き方改革のスタートですね

新型コロナで進化した『自動販売機』ラーメン・餃子・馬刺し・プリン・ショートケーキなど | (magmag.games)

コメント

タイトルとURLをコピーしました