スポンサーリンク

【劇団四季】わずか3日で1億円支援 クラウドファンディング実施

アニメ

T2
T2

最近、クラウドファンディングにチャレンジする人が増えましたね、やはり、コロナの影響なのでしょうか?

R
R

クラウドファンディングって何ですか?

T2
T2

自分の活動や夢を発信することで、想いに共感した人や活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募るしくみです。

R
R

なるほど、スポンサーを募集するんですね

T2
T2

そんな感じです。支援した人にはリターンがある企画もあります。それ狙いの人も多く参加されています。

R
R

リターンもあるのですね、興味がわいてきました。


スポンサーリンク

クラウドファンディングとは

・クラウドファンディング(crowdfunding)とは群衆(crowd)資金調達(funding)を組み合わせた造語ですね。

クラウドファンディングの歴史

クラウドファンディングという言葉自体は比較的新しいですが、人々から資金を募り、何かを実現させるという手法自体は古くから存在していました。寺院や仏像などを造営・修復するため、庶民から寄付を求める「勧進」などがその例です。
インターネットの普及に伴い、2000年代に米国で先駆的なウェブサイトが続々と開設され市場が拡大してきました。代表的なサービスにIndiegogoやKickstarter等があり、特にアメリカやイギリスではクラウドファンディングは資金集めの方法として一般的なものになりつつあります。

資金調達といえば、一般的に金融機関からの借入や関係者・ベンチャーキャピタルによる出資などがあげられます。クラウドファンディングは、そういった資金調達にはない「手軽さ」や「拡散性の高さ」、「テストマーケティングにも使える有用性」といった点が魅力的な新たな資金調達の仕組みとして近年注目されています。

中でも、「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題をこう解決したい」といったアイデアや想いを持つ人は誰でも“起案者”として発信でき、それに共感し「応援したい」「モノやサービスを試してみたい」と思った人は誰でも“支援者”として支援できる、双方にとっての手軽さがクラウドファンディング最大の特徴といえます。

日本では、2011年3月にREADY FORが日本で初めてのクラウドファンディングサイトとしてサービスを開始。現在では複数の会社がサービスが開設されています。

日本のサービス会社

 ・CAMPFIRE

 ・READY FOR

 ・MAKUAKE   などなど

 サービス会社はたくさんありますが、人気が無い会社はクラウドファンディングが正直言って、成功しにくにいので、最初は有名な3つでやるのをおススメします。

まず最初に気になるのは、手数料等ですよね

運営会社 (手数料+諸費用など)

▶︎CAMPFIRE 17%
▶︎READY FOR 12% or サポート有なら 17%
▶︎MAKUAKE 20%

 これに消費税がプラスされます。


R
R

100万円支援されても、20万ぐらいは手数料なんですね

システムの使用料などサポートを考えるとリーズナブルな価格だと思います。

クラウドファンディングの種類

 ・購入型

 ・寄付型

 ・融資型

 ・株式型

 ・ファンド型

 ・ふるさと納税型      

 などがあります、基本は購入型ですね。

購入型クラウドファンディングとは?

起案されたプロジェクトに対して支援者がお金を支援し、支援者はそのリターンとしてモノやサービスを得る仕組みのクラウドファンディングです。

購入型という名の通り、支援者は起案者がリターンとして設定した商品やグッズ、サービス等を購入するような感覚で支援することができます。金銭的な見返りがリターンとなることはありません。また、購入型クラウドファンディングには「All or Nothing型」「All In型」といった2種類のやり方があり、起案者はどちらで資金調達をおこなうか選ぶことができます。

ほとんどのプロジェクトがAll or Nothing型ですね

目標設定金額が達成しなければ、起案者にはお金はもらえない。支援者には全額返金されるシステムです。

寄付型クラウドファンディングとは?

リアルな場でおこなう寄付と同様で、商品やサービスなどのリターンは基本的に発生しません。プロジェクトによっては、お礼として手紙や写真を受け取ることができます。被災地の支援など社会貢献性の強いプロジェクトが多いことが特徴です。

融資型クラウドファンディングとは?

事業者が仲介し資産運用したい個人投資家から小口の資金を集め、大口化して借り手企業に融資する仕組みのクラウドファンディングです。

日本では、「融資型クラウドファンディング」よりも「ソーシャルレンディング」として認知されていることが多いです。融資型クラウドファンディングは、個人から集めた資金を「融資」するという性質を持っているため、購入型や寄付型とは異なり支援者は金銭的なリターン(利息)を得ることができます。金融商品の一つとなるため、事業者は「貸金業法」や「金融商品取引法」などによる法律規制を受けます。

株式型クラウドファンディングとは?

個人の起案者ではなく企業がおこなう資金調達の一つで、個人投資家へ未公開株を提供する代わりに資金を募る仕組みのクラウドファンディングです。

借り手企業側は年間1億円未満、投資家は1社につき50万円までと投資金額に制限があります。株式型クラウドファンディング事業者には、第一種少額電子募集取扱業の資格が必要です。

ファンド型クラウドファンディングとは?

株式型と同じく企業がおこなう資金調達の一つで、特定の事業に対して個人投資家から出資を募る仕組みのクラウドファンディングです。

投資家は、売上等の成果や出資額に応じた金銭的なリターンを受け取ることができます。金銭的なリターンと合わせて、その事業で作られたモノやサービス、その割引券等が受け取れることもあり、金融商品としてだけでなく社会貢献性の要素が強いことが特徴です。ファンド型クラウドファンディングでは、事業者は、第二種金融商品取引業の登録が必要になり、投資する人は匿名組合契約などの出資契約を事業者を通しておこなうことになります。

ふるさと納税型クラウドファンディングとは?

自治体が解決したい課題を具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した人からふるさと納税によって寄付を募る仕組みのクラウドファンディングです。プロジェクトを選び、リターンを選ぶという流れは、購入型や寄附型のクラウドファンディングと同様ですが、ふるさと納税の仕組みを使うことで、寄付金の控除を受けられるのが特徴になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました