スポンサーリンク

『未来日記』12人によるサバイバルゲーム 無料で見る方法

アニメ
スポンサーリンク

未来日記とは?

未来予知能力者12人によるサバイバルゲームを描いたサスペンスアニメ

『月刊少年エース』(角川書店)において、2006年3月号から2011年2月号まで連載された。

単行本は本編12巻、外伝3巻まで発売されており、累計発行部数400万部を超える

天野雪輝は携帯電話で日記をつけることが毎日の習慣となっていた。家に帰ると部屋にこもり、空想にふける彼はある日、未来の出来事が書かれた携帯日記「未来日記」を手に入れる。それをきっかけに、未来日記所有者だけで行われる殺人ゲームに巻き込まれ…。

友人と呼べるのは、自分の空想した人物、時空王「デウス・エクス・マキナ」と彼の小間使い「ムルムル」だけである。

ところがある日、自分がまだ体験していないはずの未来が日記に書かれるようになる。

それは空想のはずのデウスの仕業だったのだ。未来を知ることで調子に乗り、有頂天になる雪輝。

しかしその後、同じように「未来日記」を持つ人間が自分を含め12人いることと、その12人による次期時空王の座をかけた殺し合いのサバイバルゲームが開かれていることを知る。

登場人物

未来日記所有者

天野 雪輝(あまの ゆきてる) – 1st
声 – 富樫美鈴


所有未来日記:無差別日記
本作の主人公。市立桜見中学2年生の少年。自分の空想の存在だったはずのデウスのゲームに巻き込まれ、未来日記所持者同士の殺し合いに身を投じることになる。火山との戦いで殺される予知 を覆し、逆に相手を殺し返すという奇跡を超える奇跡を見せたため、以降他の未来日記所有者たちから真っ先に狙われることとなる。

神の座には興味がなく、ただ生き残ることが目的だったが、和解した父がジョン・バックスにより殺されたことをきっかけとして由乃と共に神を目指す。
元々寂しがり屋で、傷つくことを怖れて傍観者に徹する臆病な性格。

我妻 由乃(がさい ゆの) – 2nd
声 – 村田知沙


所有未来日記:雪輝日記
本作のヒロイン。『未来日記リダイヤル』の主人公。 162cm. B92/W70/H91. 雪輝と同じクラスの少女。美人で成績も良く家事全般が上手な皆の憧れだが、実は雪輝に惚れているストーカー。

火山から雪輝を守るために共闘したことをきっかけに行動するようになる。美坂児童養護施設の出身で、我妻潮夫妻に養女として引き取られるまでは家族がいなかった。神の座には興味がなく、ただ雪輝と一緒にいたいとしか思っていない。
雪輝のためなら躊躇無く全てを犠牲にする行動を取るが、雪輝以外には無関心。また雪輝に近づく女性に対しては敵と見なし殺そうとする。

雪輝曰く「感情起伏の”スイッチ”が入ると常軌を逸した言動を取る。」特に雪輝の身に危険が迫ったり、自分の思い通りにならないことがあるとよく起こる。

火山 高夫(ひやま たかお) – 3rd
声 – 土門仁


所有未来日記:殺人日記
桜見中学校の英語教師。実は大型のナイフを使い殺人を繰り返す通り魔という裏の顔を持つ。

犯行を行う際は全身に防弾・対爆仕様の黒いコートを纏い、素顔を隠すためマスクを被っている。
彼が所持する携帯電話「殺人日記」は、未来に自分が犯す殺人の状況を記録する能力を持つ。事前に犯行方法とその結果が分かるため、完全なる殺人計画書と称される。一方、記述が殺害対象を中心としたものに限定されていることが弱点になっている。

来須 圭悟(くるす けいご) – 4th
声 – 田中正彦


所有未来日記:捜査日記
桜見署に勤務する刑事課長。妻との間に息子が1人いるが、息子は難病を抱えている。
彼が所持する携帯電話「捜査日記」は、未来の自分の捜査状況が記録される能力を持つ。

これにより起こる事件を事前に知ることができる。その特性上、得られるのは当人が所属する桜見署の管轄内の情報に限られるが、デウスにより所有者全員が桜見市内に配置されているため非常に有効となっている。だが、事件を起こさない人間には無効という欠点がある。

豊穣 礼佑(ほうじょう れいすけ) – 5th
声 – 真田アサミ


所有未来日記:はいぱーびじょんだいありー
雪輝の母・礼亜の同僚の息子。4歳(アニメでは5歳)。男女を模した一対のパペット人形を持っており、よく両手に装着して遊んでいる。子供ゆえの残酷さ、強いエリート志向、そして年齢にそぐわない卓越した知略を兼ね備える。

彼が所持する絵日記「はいぱーびじょんだいありー」は、朝・昼・晩の1日3回、自分の未来を記録する能力を持つ。

春日野 椿(かすがの つばき) – 6th
声 – 仙台エリ


所有未来日記:千里眼日記
新興宗教団体「御目方教」の教祖を務める巫女。生まれつき左目が弱視で、右目は髪で隠れている。普段は座敷牢にいる。
信者からは「御目方様」と呼ばれているが、実は前の教祖だった両親が死んで以来、信者からたびたび陵辱を受けていた。そのため、「こんな世界はなくていい」という思いを抱くようになり世界を滅ぼすために神の座を狙う。
彼女が所持する巻物「千里眼日記」は、1000人以上の信者や客人から寄せられる未来の「報告」が記録される能力を持つ。

戦場 マルコ & 美神 愛(いくさば マルコ & みかみ あい) – 7th
声 – 関智一(戦場マルコ)、松元惠(子供マルコ)、桑谷夏子(美神愛)


所有未来日記:交換日記
二人組の未来日記所持者。マルコはリーゼントの男で「カウンター馬鹿」と称される程カウンターに異常にこだわるケンカ好き、愛は投擲が得意な女で、投げナイフを幾本も隠し持っている。

2人とも両親に捨てられた孤児でかまどに拾われた。2人で永遠に生きるために神になろうとする。かまどの未来日記を使用して孫所有者のふりをしていたが、雪輝たちの懐に入り込んだ瞬間に正体を表す。愛については人よりも敏感で、雪輝と由乃の関係を紛い物の愛だと言っている。
彼らが所持する携帯電話「交換日記」は、2人で互いに観察し続けた未来が10分おきに記録される能力を持つ。マルコが愛を観察した結果を表示し、愛はマルコを観察した結果を表示するため、お互いを守ると言う点では雪輝と由乃の連携よりも高い能力を持つ。
孫所有者であった時の日記はそれぞれ「常勝無敗ケンカ日記」と「逆ナン日記」。

上下 かまど(うえした かまど) – 8th
声 – 今野宏美


所有未来日記:増殖日記
桜見市内児童養護施設「母の里」の院長。頭部が大きめで3頭身の女性。多くの子供たちを育てている肝っ玉母さんで面倒見がいい。戦場マルコたちと手を組み、孫所有者たちに指示を送りながら雪輝たちと交戦する。
彼女が所持するサーバ「増殖日記」は、サーバーを通して他者に未来日記の力を与える能力を持つ。

雨流 みねね(うりゅう みねね) – 9th
声 – 相沢舞


所有未来日記:逃亡日記
国際的な女性テロリスト。年齢は18歳。本編の外伝『未来日記モザイク』では主人公を務める。
8歳のとき、中東を旅行中に宗教紛争に巻き込まれて両親を失い、以降「神」を憎み、宗教施設・宗教関係者を対象にしたテロ活動を繰り返していた。
爆破テロを得意とし、サバイバルゲームでも主に爆弾類を武器として使用し、自身の死と同時に起爆する心音爆弾を所持するなど、爆発物のエキスパート。

月島 狩人(つきしま かりゅうど) – 10th
声 – 平松広和


所有未来日記:飼育日記
犬舎「月島ケンネル」のオーナー。「人は犬より劣る」という考えを持つ病的な愛犬家で、犬には豪勢なフランス料理を振舞う一方、自分はインスタントラーメンを食べている。妻とは離婚しており、娘・日向とも別居中。
彼が所持する携帯電話「飼育日記」は、未来に行う彼の愛犬たちへの命令と遠吠えによる報告を記録する能力を持つ。

ジョン・バックス – 11th
声 – 土師孝也


所有未来日記:The watcher
桜見市市長。かつてデウスに、神の力を分け与えた未来日記を作ることを持ちかけた張本人。
彼が所持する携帯電話「The watcher」は、他者の未来日記の予知内容を覗き見る能力を持つ。覗ける日記の対象にはかまどの日記によって生み出された孫日記も含まれるが、自身や未来日記を所有していない一般人については他の日記に書かれていない限り予知できない。由乃のように自身のことが予知されない所有者についても同様。また、「千里眼日記」同様、情報操作に弱く雪輝らが自身の日記を改竄して作った偽情報によって攪乱されたことがある。なお、この「The watcher」は、以前デウスとともに試作した未来日記のアーキタイプをもとに、その挙動をまとめたものである。

平坂 黄泉(ひらさか よもつ) – 12th
声 – 川原慶久


所有未来日記:正義日記
自称・正義のヒーロー。その正義観は「勝った者が正義、負けた者が悪」という歪んだものだが、正義自体には忠実で、悪とみなした人物以外は、たとえ日記所有者であろうと助ける。
「正義の味方のコスプレ」と称して、烏避けの風船のようなマスクと黒の全身タイツを着用しており、この衣装を着たときはセリフがカタカナと漢字のみで表記される。ただし、このあまりにも怪しすぎる格好が災いして、正義の味方として活動しているにもかかわらず、不審者や強盗に間違われるなど散々な目に遭っている。「正義の味方は顔を隠すもの」と常日頃から人前に出るときは何かしら被って顔を隠している。
全盲だが、それを補う強力な聴力と、数人を一気に操る催眠術を有する。日記の所有者たちの関係をジャンケンに例え、日記や、その所有者の性質・能力からお互いの優劣が存在すると宣言した。
彼が所持するボイスレコーダー「正義日記」は、自身が信じる正義に基づいて、倒すべき悪事や守るべき弱者など、未来に自分が行うべき善行の情報を記録する能力を持つ。

ゲームのルール


未来日記を与えられた12人で行われ、生き残った最後の1人は時間と空間を統べる”神の座”を得てデウスの後継となれる。


未来日記は、その所有者がそれまで携帯電話などでつけていた、あるいはゲーム開始前にムルムルから渡された日記に「将来日記に書かれるであろうこと」が、90日先の分まで表示されるようになったもの。1日経つごとに1日分補充される。「未来」を書き込む時点で持ち主が日記を手放していても、過去の日記に補充されないということはない。


全ての未来日記所有者は、桜見市内に存在している。これはデウスが因果律を歪め手配したため。
他の所有者が誰であるかの予備情報はないため、未来日記などを頼りに自分で見つける必要がある。


未来日記が破壊された場合、未来が破壊されるため渦に包まれつつ消滅に近い形で死亡する。


未来日記に書かれた通りの行動をしなかった場合、その事後にそれ以降の日記が書き換わる。他の所有者の行動によっても書き換わる。


所有者が他の所有者に殺されることが確定した場合、”DEAD END”として書き込まれる。日記の特性に応じ、死ぬ時点や死に方が同時に書き込まれる場合もある。こうなった場合、その未来はほぼ回避不能であり、奇跡でも起こさない限りは回避できない。逆に言えば、万に一つの可能性として回避できる。
これは全ての未来日記共通の機能である。本来なら自身に関する予知が書き込まれない日記であっても、自身の”DEAD END”だけは記載される。


作中で”HAPPY END”という記述も登場したが、これは”DEAD END”とは違ってその日記固有の通常の予知である。


日記の所有権を他者に譲渡することも含め、ゲームを降りる全ての行為は禁止されているが、戦いを放棄したと見なされた場合、デウスの決定により存在を消滅させられることはある。


日記になったからとはいえ、その媒体の本来の機能が失われるわけではない。例えば、携帯電話が日記になった場合でも通話やメール、メモ帳機能は使用可能。「未来」について記述された文章を改竄することもできるが、日記所有者の行動によって文章が変化した時と違って未来が変わることはない。


神となったものは世界を司り、消失した物体の再生や時間移動など、全てを思うようにできる。ただし、因果律や魂に干渉することはできず、過去に戻ったとしても「デウスは死にかけ」という因果を変えられないため、ゲームの発生はほぼ不可避であり、死者を蘇生してもそれは魂のないただの肉体となる。また、過去に戻った自分の肉体もその年数分だけ若返るわけではない。

未来日記 OP

見逃した人、今から見たい方に朗報です。

eBookJapan

株式会社U─NEXT31日間無料トライアル

株式会社U─NEXTだと、全26話見ることが可能です。

さらに、31日間無料トライアルを実施中です。

無料で『未来日記』を見ることが可能ですので

是非、この機会にお試しください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

コメント

タイトルとURLをコピーしました