大人気『BORUTO-ボルト-』 動画を無料で見よう |
Sponsoring
Sponsoring

大人気『BORUTO-ボルト-』 動画を無料で見よう

アニメ
この記事は約9分で読めます。
Sponsoring
Sponsoring
Sponsoring

BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-とは?

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年23号から2019年28号まで月1で連載、

その後、同じく集英社の『Vジャンプ』に移籍して2019年9月号から連載中です。

漫画『NARUTO -ナルト-』のその後を描くスピンオフにあたり、主人公はうずまきナルトの息子・うずまきボルトである。

大人気『NARUTO‐ナルト‐』シリーズ動画を U─NEXT31日間無料で見よう
NARUTO‐ナルト‐ とは?原作 岸本斉史ナルト『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。2019年5...

大人気作品「NARUTO-ナルト-」のその後のストーリー。うずまきナルトが七代目火影として治める木ノ葉隠れの里で、次世代の子供達が切り開く新たなる伝説が始まる。

BORUTO-ボルトー 1 -NARUTO NEXT GENERATIONS- (ジャンプコミックス) [ 池本 幹雄 ]

ストーリー

平和と共に近代化が進んだ木ノ葉隠れの里。忍者学校(アカデミー)に入学したうずまきボルトを、周りは“火影の息子”と偏見の目で見るが、持ち前の破天荒な性格でそんなものは跳ね飛ばす。

ボルトは新しい仲間と出会い、勃発する謎の事件に挑んでいく。

登場人物

うずまきボルト

声 – 三瓶由布子

うずまきナルトとヒナタの息子。一人称は「オレ」。口癖は「~ってばさ」。身長163cm(青年時)

少年時代のナルトと瓜二つの容姿。頬には父譲りの猫髭のような2本線があるものの、髪質や顔の輪郭などは母・ヒナタ譲り。忍装束は表が黒、裏がマゼンタのジャケットを羽織っており、ねじのような形状のペンダントを身につけている。ナルトのことは「父ちゃん」又は「親父」、ヒナタのことは「母ちゃん」と呼んでいる。

右眼には「淨眼」という瞳術を宿しており、特殊なチャクラを視認することができるが、本人も詳細を把握しきれていない。モモシキとの戦いの後には、右掌に「楔」が表れている。

火影に就任してから激務のために構ってくれなくなったナルトおよび火影という立場への反感から、構ってもらいたいがために顔岩への落書きなどの悪戯を繰り返していた。要領が良く忍としての素養は高いが、努力や地道な修行を嫌ってすぐに楽な道を選ぼうとしたり、チームワークを欠いて個人プレーに走ったりする部分がある。

うちはサラダ

声 – 菊池こころ

サスケとサクラの娘で、第七班の紅一点。木ノ葉の名門・うちは一族の末裔。一人称は「私」。口癖は「しゃーんなろー」。サスケのことは「パパ」、サクラのことは「ママ」と呼んでいる。身長147cm。

雰囲気は母親であるサクラ似で、顔立ちや特に目元などは父親であるサスケ似。母親譲りの真面目で気の強い性格を受け継いでいるが、父親譲りのクールで慎重な面も備えている。

感情的で型破りなボルトとは反りが合わないものの、父との家庭内交流がないという点ではボルトに共感している。またその性分ゆえに、他人に弱みを曝け出すことに抵抗感を抱いている。

ミツキ

声 – 木島隆一

第七班の一員。ボルト達の同期の謎の多い少年で、音隠れの里出身。名前の由来は「巳月」。一人称は「ボク」。身長149cm。ほとんど色素がないほど肌が白く、パーマのかかった白髪に黄色い瞳をしている。穏やかな性格だが、ミステリアスで一般常識に欠けている。

転入当初、他人はおろか自分自身の命にすら執着を持たず、緊急時には殺人をも肯定する姿勢を取っていたが、ボルトとの交流で気持ちに変化が訪れるようになった。大蛇丸を親としてナルトやサスケ以上の忍と尊敬しており、彼が「太陽」と評すボルトに興味を示している。

その正体は、大蛇丸によって生み出された人造人間のうちの1人。

猿飛木ノ葉丸(さるとび このはまる)

声 – 高橋英則、大谷育江(少年期)

元エビス班の一員。上忍。三代目火影・猿飛ヒルゼンの孫であり、守護忍十二士のメンバーであった猿飛アスマの甥。

ボルトにとって兄貴分であり、忍者学校入学前から「木ノ葉丸の兄ちゃん」と呼ばれている。恋愛には縁がなく独身で、成人後も祖父が遺した家に住んでいる。

風祭モエギ(かざまつり モエギ)

声 – 下屋則子

元エビス班の紅一点。上忍。かつてスリーマンセルを組んでいた木ノ葉丸とは現在も交流が続いており、少女期の頃と同様、彼を「ちゃん」付けで呼んでいる。

担当上忍を務める同性のハナビとは、呼び捨てで呼ぶほど親しい仲。シカダイたちが下忍になってからは第十班(モエギ班)の担当上忍を務める。教え子たちの自由奔放な言動に苦労が絶えない。

奈良シカダイ(なら シカダイ)

声 – 小野賢章

シカマルとテマリの息子。目は母親似だが容姿は父親似。シカマルのことは「親父」、テマリのことは「母ちゃん」と呼んでいる。我愛羅とカンクロウにとっては甥にあたる。少年時代のシカマル同様面倒臭がりな性格。

シカマル同様、母親のテマリには頭が上がらない。幼馴染で親友のボルトに対しては、彼の危なっかしい一面に呆れつつも何かと気にかけている。

秋道チョウチョウ(あきみち チョウチョウ)

声 – 白石涼子

チョウジとカルイの娘。モエギ班の紅一点。体形や髪の色は父親似だが、他の部分は母親似。忍者学校の教師であるアンコとは甘党仲間で、同性で同期のサラダとは幼い頃からの親友。チョウジのことは「パパ」、カルイのことは「ママ」と呼んでいる。 一人称は「あちし」。

性格は母親のカルイ譲りでポジティブかつマイペース。やや思い込みが激しく自意識過剰で面食いでもある。父親のチョウジ同様体型通りの大食漢

山中いのじん(やまなか いのじん)

声 – 阿部敦

サイといのの息子。髪色と瞳の色は母親似で、髪を後ろに結んでいる。性格はいのに近いが、服装や肌の色は父親似である。サイのことは「父さん」、いののことは「母さん」と呼んでいる。一人称は「ボク」。身長147cm。

親たちが同期であるボルトやシカダイとは忍者学校入学以前からの友人。実家は花屋で、時々その手伝いをしている。

日向ハナビ(ひゅうが ハナビ)

声 – 浅井清己

ヒナタの妹。ボルトとヒマワリにとっては叔母だが、2人には「お姉さん」と呼ばせている(ミツキに「おばさん」と呼ばれた際も「お姉さん」と訂正している)。

普段はチマチョゴリ風の服装をしている。日向一族宗家の父親・ヒアシと同様にボルトとヒマワリを溺愛している。あっけらかんとした性格は健在で、ボルトに時々助言をしている。

うずまきナルト

声 – 竹内順子

ボルトとヒマワリの父親。元第七班(カカシ班)の一員で、現在は七代目火影として木ノ葉隠れの里を治めている。常に山積みの仕事を抱えており、外での仕事は大量の影分身で行い、本体はそれらを維持しつつ火影室でデスクワークに明け暮れるワーカーホリック状態に陥っている。

影分身の維持のため精神と肉体に多大な負担を強いており、少しでも気を抜けば倒れてしまう。目の下にはクマができ、火影室には栄養ドリンクの空き瓶が散乱している。

はたけカカシ

 声 – 井上和彦、鈴村健一(スケア変装時)

六代目火影。元第七班(カカシ班)の担当上忍。ナルトの父・波風ミナトの教え子でもある。火影在任時は里が疑心暗鬼に陥ることを防ぐために、五代目の綱手と協議の末に暗部養成部門「根」の残党の摘発を中止した。

現在は隠居中だが、自身もかつてダンゾウと因縁があるために独自に事件を調査しており、牛頭天王がスミレに封印されている事実を突き止め、牛頭天王が口寄せされた際にはサイと共に鎮圧に当たった。

うちはサスケ

声 – 杉山紀彰、東山奈央(幼少期)

サラダの父親。元第七班(カカシ班)の一員でナルトの盟友。同じく第四次忍界大戦の英雄ではあるが、火影として中から里を守るナルトに対し、国外で単独行動をとりつつ外から里を守っている。

外伝『七代目火影と緋色の花つ月』では、ナルトを含む五影やサクラに大筒木カグヤに関する疑惑を打ち明け、彼らの許可を得て長期に渡り単独で調査を行っていた。

そのせいで父への恋しさを募らせたサラダの訪問を受け、親子間のトラブルを抱えながらうちはシンと対峙する事態に発展するが、「お前がいるから家族は繋がっている」と諭し、共に事件を終息させた。

うちはサクラ / 春野サクラ(はるの サクラ)

声 – 中村千絵

サラダの母親。サスケの妻で、元第七班(カカシ班)の紅一点。上忍。

それまでは二の腕と脚を出した服装が多かったが、今作では脚の代わりに臍を出すスタイルとなった。五代目火影・綱手の弟子で、現在は医療班の中心人物として活動している。

うずまきヒマワリ

声 – 早見沙織

ナルトとヒナタの娘で、ボルトの妹。愛称は「ヒマ」。瞳の色と顔は兄と同じく父親似(頬の線は2本)であるが、髪の色と顔の輪郭は母親に似ている。一人称は「私」。身長138cm。ナルトのことは「お父ちゃん」又は「パパ」、ヒナタのことは「ママ」と呼んでいる。

ナルトの七代目火影就任式の当日、母方の日向一族の血継限界「白眼」を開眼する。

うずまきヒナタ / 日向ヒナタ(ひゅうが ヒナタ)

声 – 水樹奈々

ボルトとヒマワリの母親。血継限界「白眼」を持つ日向一族宗家の出身。元第八班(紅班)の紅一点で、現在は中忍として忍の籍こそ残しているが主婦業がメインになっている。

家族の前では見せないがかなりの大食いで、ナルト行きつけのラーメン店「一楽」では46杯の最高記録を持っており、チョウチョウからは「伝説の大食い女王」と呼ばれている。

『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』テレビ放送

2017年4月5日~放送開始

現在、161話まで放送されました。   (2020年8月21日現在)

見逃した人、今から見たい方に朗報です。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

株式会社U─NEXT31日間無料トライアル

株式会社U─NEXTだと、161話まで見ることが可能です。

さらに、31日間無料トライアルを実施中です。

無料で『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS 』を見ることが可能ですので

是非、この機会にお試しください。

eBookJapan

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました