NFT市場 4755『楽天』も参戦 2022年春より「Rakuten NFT」の提供を開始 |
Sponsoring
Sponsoring

NFT市場 4755『楽天』も参戦 2022年春より「Rakuten NFT」の提供を開始

暗号通貨
Sponsoring

Sponsoring
Sponsoring

楽天グループ株式会社 

証券コード 4755

楽天グループ株式会社(らくてんグループ、英: Rakuten Group, Inc.)は、インターネット関連サービスを中心に展開する日本の企業。

インターネットショッピングモール「楽天市場」、総合旅行サイト「楽天トラベル」、フリマアプリ「ラクマ」などのECサイトを運営する。

インターネットショッピングモール「楽天市場」、総合旅行サイト「楽天トラベル」、フリマアプリ「ラクマ」などのECサイトを運営する。

日本興業銀行(現みずほ銀行)出身の三木谷浩史が1997年に起業したECモール運営会社・株式会社エム・ディー・エムを起源とする。

三木谷

ECモールの名称に用い、1999年には商号にも用いた「楽天」は、安土桃山時代の楽市・楽座のような、人々で賑わう市場をネット上に作りたいという想いと、明るく前向きに「楽天」的に行きたい(楽天主義)という想いが込められているという。

NFT市場に参入することを発表

ブロックチェーン技術を活用した「NFT」(Non-fungible Token:非代替性トークン)の事業。

2022年春より「Rakuten NFT」の提供を開始。

【マーケットプレイスを提供】

ユーザー向けにスポーツやエンターテインメントなど様々な分野におけるNFTを購入したり、個人間で売買できる。

IPホルダー向けには、ワンストップでNFTの発行および販売サイトを構築することのできる独自のプラットフォームを提供する。

T2

ブロックチェーンに関する専門的知見がなくても、自身で技術開発を行なうことなくNFTを発行・流通させることが可能です。

T2

サービス内の決済には楽天IDを使用でき

楽天ポイントを貯めたり、使ったりすることも可能になる予定です。

R

ポイントが貯まるのが嬉しいですね。

NFTとは?

「Non-FungibleToken(ノンファンジブル・トークン)」の略称

 日本語では「代替不可能なトークン」と訳されます。

「トークン」とはブロックチェーン技術を使って発行された仮想通貨のことと捉えてOK

つまり「代替不可能な仮想通貨」という意味になります。

「Fungible(代替可能)」と「Non-Fungible (代替不可能)」の違い

Fungible(ファンジブル=代替可能)なものの例として円やドルなどの法定通貨。

私が持っている1,000円札も、あなたが持っている1,000円札も価値は同じです。

私の1,000円札ではみかんが3個買え、あなたの1,000円札では4個買える、ということはあり得ません。

1,000円札を交換したとしたも、価値は同じです。つまり「代替可能」です。

Non-Fungible (ノンファンジブル=代替不可能)の例として「サッカー選手のメッシのスパイク」を挙げてみます。

一般人が草サッカーで使っているスパイクと、世界一のメッシ選手が使っているスパイクは、仮に同じモデルだったとしても、市場で取引される価値は大きく変わってきます。

T2

金などと同じように、価値が変化する。

プレミアがつく感じですね。

そのような視点を持てば、私たちのリアルな世界には「ファンジブル=代替可能」なものよりも、「ノンファンジブル=代替不可能」なものの方が、圧倒的に多いことに気付くと思います。

・替えがきかない
・唯一無二
・固有の価値がある
・独自性がある
・コピーできない


ファンジブルなトークン(ビットコインなど)がそれを使うときに価値を発揮するのに対して、ノンファンジブルなトークンが価値を発揮するのはそれを持っているときです。

つまり、何らかの「所有権」を扱うことに向いているトークンと言えます。

「持っていることに価値がある」というNFTの特徴から、さまざまなものの「所有権」を管理する活用例もあります。

Anique社は、アニメやマンガ・ゲームなどの作品の「アートワーク所有権」を取引できるサービスを始めました。

閲覧した人からお金を貰ったりできるということですね。(売買も可能)

T2

楽天以外にも、メルカリがメルコインでNFT市場参入を始めています。

4385『メルカリ』Mercari 初の黒字化 暗号資産やNFTを活用した メルコインでさらなる事業拡大を目指す | (magmag.games)

楽天

楽天は、2016年8月にブロックチェーン技術に特化した研究開発組織「楽天ブロックチェーン・ラボ」を開設し、2019年8月からは暗号資産における現物取引サービスを国内で提供してきている。

T2

これからは、何が売れるかわからない世界になりそうですね。

T2

NFT市場に注目しましょう😊

にほんブログ村

MAGMAG ランド |

コメント

タイトルとURLをコピーしました