『大谷翔平』Shohei Ohtani MLB 本塁打40本達成 大谷伝説 Otani Legend |
Sponsoring
Sponsoring

『大谷翔平』Shohei Ohtani MLB 本塁打40本達成 大谷伝説 Otani Legend

スポーツ
Sponsoring

Sponsoring
Sponsoring

大谷翔平  Shohei Ohtani

プロ野球選手。右投左打。MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。

投手としても打者としても活躍する「二刀流」の選手として広く知られる。

生い立ち  Upbringing

岩手県水沢市(現在の奥州市)に、社会人野球の選手だった父とバドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。

翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「翔」の字を用い、平泉から「平」を取って名付けられた。

小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国大会に出場。

小学校5年生にして球速110km/hを記録。

奥州市立水沢南中学校時代は一関リトルシニアに所属し、ここでも全国大会に出場。

大谷翔平

松井秀喜さん、ダルビッシュ有さんに憧れました。

高校は、同郷の菊池雄星さんに憧れ、彼の出身校の花巻東高校へ進学しました。

大谷翔平

「日本一になる」「日本人最速となる163km/hを記録する」「ドラフトで菊池雄星を越える8球団から1位指名を受ける選手になる」を目標にしました。

プロ野球ドラフト会議前にはNPBだけでなくMLB球団からも注目され、本人は当初「(MLBかNPBかは)五分五分」と語っていたが、ロサンゼルス・ドジャースやテキサス・レンジャーズ、ボストン・レッドソックスとの面談を経て、10月21日にMLBへの挑戦を表明。

大谷翔平

マイナーからのスタートになると思うけれども、メジャーリーグに挑戦したい気持ちでいる。入学当初からの夢だった。若い内に行きたい思いがあった。日本のプロにも憧れはあったが、メジャーへの憧れの方が強かった。

しかし、10月23日に北海道日本ハムファイターズGMの山田正雄が大谷をドラフト会議で1位指名することを公表し、日本ハム監督の栗山英樹も「大谷君には本当に申し訳無いけれど、指名をさせていただきます」と話していた。

大谷翔平

びっくりしたし動揺もしました。でも、自分の気持ちは変わりません。評価して頂いたのは有り難いですが、アメリカでやりたいという気持ちは変わりません😥

両親を交えた入団交渉も4度にわたって行い、3度目の入団交渉からは栗山も同席する。

『大谷翔平君 夢への道しるべ〜日本スポーツにおける若年期海外進出の考察〜』

と題された30ページに及ぶ資料

栗山英樹

高校卒業後、直接アメリカへ渡った韓国の野球選手がMLBで活躍しているケースが少ない点や、過酷なマイナーリーグの現状、母国のプロリーグで実力をつけた選手の方が MLBで活躍できる確率が高いよ。

栗山英樹

ダルビッシュ有が着用していた背番号11、投手と打者の「二刀流」やっていいよ😉

大谷翔平

ダルビッシュさん…

二刀流…

大谷は12月9日に日本ハム入団を表明した。

経歴(日本ハム時代) Career (Nippon-Ham era)

NPB 初年度

投手としては13試合に登板し、3勝無敗、防御率4.23を記録した。打者としては77試合に出場し、打率.238、3本塁打、20打点を記録した。

2014年6月4日の広島戦(札幌ドーム)ではパ・リーグ史上最速の球速160km/hを計測。

NPB 2年目

投手としては24試合に登板し、11勝4敗、防御率2.61を記録した。打者としては86試合に出場し、打率.274、10本塁打、31打点を記録した。

高卒3年目選手では松坂大輔以来史上2人目となる年俸1億円(推定)で契約を更改した

投手と野手の両方でオールスターゲームへファン投票選出。

NPB 3年目

ハーラートップの15勝、防御率2.24、勝率.750で最多勝利、最優秀防御率、最高勝率

投手三冠達成。打率.202、5本塁打、17打点。

NPB 4年目

オールスター第1戦試合前のホームランダービーでは一回戦で山田哲人、決勝戦で柳田悠岐を破り優勝。

オールスターの第2戦では5番・指名打者として先発して、自身初のオールスター本塁打を放つなどMVPを受賞。

9月13日に対オリックス戦で、糸井嘉男への投球で自身の持つNPB公式戦最速記録(かつ日本人最速)を更新する球速164km/hを計測。

クライマックスシリーズファイナルステージでは、第1戦に8番・投手として先発出場し2打数1安打、7回1安打6奪三振無失点で初勝利。

第5戦では3番・指名打者として先発出場し9回にDH解除でリリーフ登板。

自身初セーブを挙げ、4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

同試合では自身の持つ当時のNPB最速記録(かつ日本人最速)を更新する球速165km/h。

2度目の「同一シーズンで2桁勝利と2桁本塁打」を達成、NPB史上初の「10勝、100安打、20本塁打」を達成。

NPB 5年目

第4回WBCの日本代表に選出されるも、足首の調子が悪く辞退した。

シーズンも怪我の影響で満足のいくプレーはできず、投手としてはプロ入り後ワーストタイの3勝、野手としても65試合出場、8本塁打という成績に終わる。

10月12日に東京都内の病院で内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受けた。

大谷翔平

11月11日にポスティングシステムを利用してMLBに挑戦します😃

しかし・・・

MLBの労使協定により、プロ経歴5年で23歳の大谷はインターナショナル・ボーナス・プールでの契約対象選手となるため契約金は低額で、かつマイナー契約しか締結できない。

インターナショナルFA

2020年現在、MLBドラフトで指名対象外となるドミニカ共和国、ベネズエラ、メキシコ、韓国、台湾、日本などに在住する海外アマチュア選手は「International Amateur FA(インターナショナル・アマチュアFA)」選手として扱われ、MLB各球団毎に定められた契約金総計(インターナショナル・ボーナス・プール)の範囲内で自由獲得できるルールとなっている。

また、これら各国リーグに所属する若手プロ選手(25歳未満の選手、プロ経歴6年未満の選手)も同様に、インターナショナル・ボーナス・プールの範囲内で自由獲得できるインターナショナルFA選手の扱いとなる。なお、25歳以上且つプロ経歴6年以上の選手とは契約金の制限なく交渉を行える。ただし、NPBでのFA制度やドラフト制度、ポスティングシステムなど、各国プロリーグ内での移籍制限規定があればそれに従う

格安で獲得のチャンス、資金力に関係なく様々な球団が大谷の獲得を目指した。

大谷翔平

2017年12月9日にロサンゼルス・エンゼルスと契約しました。

メジャーリーグ ロサンゼルス・エンゼルスと契約合意 Contract agreement with Angels

本拠地のエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムで入団記者会見が行われ。

日本ではその一部が日本テレビ系列の情報番組「シューイチ」内で生中継された。

代理人はネズ・バレロ(Nez Balelo)、通訳は水原一平。

2018年3月28日にメジャー契約。

メジャー1年目の2018年の年俸は約6,000万円で2年目以降もこれは変わらない。

エンゼルスは契約上、2023年までの6年間大谷を保有する権利があり、3年目が終了する2020年までは年俸を上げることができない。

2021年(エンゼルス4年目)

2020年シーズン終了時にMLBサービスタイムが3年に達して年俸調停権を取得したが、年俸交渉は越年となり、2021年2月9日に年俸調停を回避して2年総額850万ドルで契約合意したことが公式発表された。

T2

契約交渉が難航しもしかしたら年俸調停もあったのですが

年俸調停を回避、無事に契約。

R

前年度の成績があまり良くなかったので

この成績で年俸をあげろとは、一部ではワガママじゃない?と言われましたが…

6月14日 – 20日で7試合に出場し、打率.296(27打数8安打)、6本塁打、9打点、1盗塁を記録。投げては6回1失点、奪三振5でシーズン3勝目を挙げ、翌日の21日には2018年4月、9月に続いて、3年ぶり3度目となるア・リーグのプレイヤー・オブ・ザ・ウィークを受賞した。

オールスターゲーム初出場決定

7月1日にMLBオールスターゲームファン投票の最終結果が発表され、ア・リーグ指名打者部門で全体の63%を集める圧倒的な得票率でMLBオールスターゲームに初選出された。

28日には第25号本塁打を放ち、アジア人では歴代2位であった秋信守(大韓民国出身。MLB通算本塁打数では松井秀喜を上回ってアジア人歴代1位)の最多記録24を抜いた。

6月は25試合に出場し、打率.309、13本塁打、出塁率.423、長打率.889、OPS1.312を記録し、7月2日にア・リーグ野手部門で初の月間MVPに選出。

オールスターゲーム前の本塁打数として2019年にマイク・トラウトが記録した28本を抜き、エンゼルスの球団新記録となった。

7月4日、ニューヨーク・ポスト紙は、アメリカン・リーグの前半戦MVPに大谷を選出。

4日にオールスターゲームの選手間投票などで選ばれた投手と控え野手が発表され、ファン投票選出のア・リーグDH部門に続き、同先発投手部門でも選出され、史上初めて投打二刀流で選出された。

6日にはプレイヤー・オブ・ザ・ウィーク(6月28日 – 7月4日)を受賞し、シーズン2度目の受賞。

10日、米スポーツ界で目覚ましい活躍をした選手や優れたプレーなどに贈られ、スポーツ界のグラミー賞またはアカデミー賞と言われるESPY賞の「ベストMLB選手」部門に日本人選手で初めて選出。

8月18日敵地でのタイガース戦に「1番・投手」で出場。 MLBでの自己最長となる8回(90球)を投げ、被安打6、与四死球0、奪三振8、失点1(自責1)で8勝目をあげた。

打者としても8回の第4打席で4試合ぶりの40号本塁打を打ち、レジー・ジャクソン氏の持つ球団左打者のシーズン最多本塁打記録を更新した。

T2

ホームラン王と打点王

2桁勝利、MVPの可能性があります。

R

年俸交渉時のアンチはどこ行った?

格安ですねww

T2

たしか、大谷翔平さんはMLBで 年俸 が290位ぐらいです。

R

エンゼルスぼろ儲けww

大谷翔平 タイトル

NPB

最優秀選手:1回(2016年)
ベストナイン:3回(投手部門:2015年、2016年 / 指名打者部門:2016年) ※2016年は史上初の投手部門と野手部門の同時受賞[94]、2016年は指名打者部門での平成生まれ初の受賞
月間MVP:2回(投手部門:2015年4月、2016年6月)
最優秀バッテリー賞:1回(2015年 捕手:大野奨太)
ジョージア魂賞
年間大賞:1回(2014年)
Bi-weekly賞:1回(2014年度第2回)
札幌ドームMVP:2回(野球部門:2015年、2016年)
セ・パ交流戦 日本生命賞:1回(2016年)
オールスターゲームMVP:1回(2016年第2戦) ※指名打者として出場
オールスターゲーム敢闘選手賞:1回(2013年第3戦) ※右翼手として出場
オールスターゲームSKYACTIV TECHNOLOGY賞:1回(2013年) ※右翼手として出場
報知プロスポーツ大賞:1回(2014年)
日本プロスポーツ大賞:2回(2016年、2018年)
速玉賞(2014年)

MLB

新人王(2018年) ※アジア人史上4人目、日本人史上4人目
月間MVP:2回(野手部門:2021年6月[175]・7月) ※日本人史上3人目、複数回受賞は日本人野手史上初
週間MVP(英語版):4回(2018年4月2日 – 4月8日、2018年9月3日 – 9月9日、2021年6月14日 – 6月20日、2021年6月28日 – 7月4日)
ルーキー・オブ・ザ・マンス:2回(2018年4月、2018年9月)
毎日スポーツ人賞 グランプリ(2018年[282])
ビッグスポーツ賞 テレビ朝日スポーツ放送大賞(2018年)
ESPY賞「ベストMLB選手」部門(2021年)

MAGMAG ランド |

コメント

タイトルとURLをコピーしました