Tokyo 2020『劇団ひとり』Gekidan Hitori オリンピック開会式に登場 |
Sponsoring
Sponsoring

Tokyo 2020『劇団ひとり』Gekidan Hitori オリンピック開会式に登場 

オリンピック
Sponsoring
Sponsoring
Sponsoring

プロフィール profile

『劇団ひとり』(げきだん ひとり)

本名:川島 省吾 かわしま しょうご

日本のお笑い芸人、司会者、俳優、声優、作家、映画監督。

Japanese owarai tarento, moderator, actor, voice actor, writer, film director.

生年月日
1977年2月2日
出身地
千葉県
血液型
A型
趣味
映画鑑賞

劇団ひとり | 太田プロダクション (ohtapro.co.jp)

高校1年生の1992年に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』

内のコーナー「お笑い甲子園」に、「バーテックス」というコンビを組んで出場。

太田プロに入ってからは、一時代子役として活躍した経歴のある劇団日本児童出身の秋永和彦とお笑いコンビ「スープレックス」を組んで活動するが、2000年4月に解散。

元々組んでいたコンビが解散してピン芸人になった際に、ネット上で芸名を公募し「カツカレー」という芸名を選んだが、事務所から「これでは未来が見えない」と却下された。

妻はタレントの大沢あかねさん

一男二女あり。

義祖父(大沢あかねの祖父)は野球評論家の大沢啓二。

映画 movie

陰日向に咲く(2008年) 原作

劇団ひとり

青天の霹靂(2014年) – 原作・監督・脚本

作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。

40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、同じマジシャンであった若き日の父とコンビを組み、自身の出生をはじめとする家族の秘密を知る。

『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋が不思議な体験をする主人公を快演し、その両親にふんする劇団ひとり、『GO』などの柴咲コウが物語を盛り上げる。

涙と笑いに満ちた物語に加え、4か月の練習を経て臨んだ大泉洋のマジックシーンにも目を見張る。

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016年) – 脚本

(C) 臼井儀人 / 双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

2016 作品情報:http://www.cinematoday.jp/movie/T0020546

オフィシャルサイト:http://www.shinchan-movie.com/

配給:東宝

T2

2021年最新作が

こちらの作品です。

ビートたけし「浅草キッド」映画化 

「浅草キッド」が、大泉洋と柳楽優弥のダブル主演で映画化され、

2021年冬にNetflixで全世界同時配信。

劇団ひとりが監督・脚本

「浅草キッド」は、浅草フランス座に飛び込み、人気芸人を育てていた深見の下で芸人修業を始めたたけしが、愉快な仲間に揉まれながら、自分を発見していくさまをつづった自叙伝。

ビートたけし (北野武)Takeshi Kitano

日本のお笑いタレント、映画監督、俳優。

タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3

日本国外では本名の北野武名義での映画監督として知られる。

代表作 Masterpiece

・その男、凶暴につき(1989年)

ソナチネ(1993年)

・HANA-BI(1998年)

アウトレイジ(2010年)シリーズ

受賞歴 Award history

1990年 日本映画監督協会新人奨励賞
1991年 トリノ国際映画祭 特別賞(『3-4×10月』)
1991年 第34回ブルーリボン賞 最優秀作品賞・監督賞(『あの夏、いちばん静かな海。』)
1993年 タオルミナ国際映画祭 グランプリ(『ソナチネ』)
1995年 コニャック国際映画祭 批評家賞(『ソナチネ』)
1996年 第39回ブルーリボン賞 監督賞(『キッズ・リターン』)
1996年 第6回日本映画プロフェッショナル大賞 監督賞(『キッズ・リターン』)
1996年、山路ふみ子文化財団特別賞
1997年 第54回ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞(『HANA-BI』)
1998年 ニューヨーク国際映画祭 国際映画賞(『HANA-BI』)
1998年 サンパウロ国際映画祭 批評家賞(『HANA-BI』)
1998年 第10回ヨーロッパ映画賞 スクリーン・インターナショナル賞(『HANA-BI』)
1998年 第41回ブルーリボン賞 作品賞・監督賞・主演男優賞(『HANA-BI』)
1999年 第8回日本映画批評家大賞 監督賞
2002年 ダマスカス国際映画祭 最優秀作品賞(『Dolls』)
2003年 第60回ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞(『座頭市』)
2003年 第33回シッチェス・カタロニア国際映画祭 グランプリ(『座頭市』)
2003年 第26回トロント国際映画祭 観客賞(『座頭市』)
2003年 第27回日本アカデミー賞 最優秀編集賞(『座頭市』)
2006年 ガリレオ2000賞 文化特別賞
2007年 第64回ヴェネツィア国際映画祭 監督・ばんざい!賞(『監督・ばんざい!』)
2008年 モスクワ国際映画祭 特別功労賞
2008年 テッサロニキ国際映画祭 ゴールデン・アレクサンダー名誉賞
2008年 GQ MEN OF THE YEAR 2008
2009年 ソフィア国際映画祭 観客賞(『アキレスと亀』)
2013年 第22回日本映画批評家大賞 監督賞(『アウトレイジ ビヨンド』)
2015年 第8回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ栄誉賞

北野映画の特徴
  • 青を基調とした映像「キタノブルー」。
  • 自身が俳優として出演し、脚本も手がけていることが多い。
  • 歩くシーンが多い。
  • セリフが少ない(逆に言えば必要最低限のセリフで映画を成立させている)。
  • 4コマ漫画の連続性。
  • 瞬発的殺戮・秒殺・加減のない暴力描写のリアリズム。観客が想像する前に事が行われる恐怖。
  • 多くの映画パロディー。
  • 北野の口癖である「馬鹿野郎」もしくは「この野郎」というセリフが、映画内で多用されている。
  • 緊張の中に突如織り込まれるギャグ。

自らの映画作品に暴力団が登場することについては「暴力団を賛美した表現をしたことはなく、拳銃を使った人間は幸せになれないようなシナリオにしている」と述べている

ひとり

「僕が憧れた人、街、物語を皆さんと共有できる日が待ち遠しいです。今まで培ってきた全てを注ぎ込んだ作品にしますので、楽しみに待っててください」

Tokyo Olympics2020

開会式に出演

T2

スイッチがタコ・シャコ・フグ・トロ・サバ

魚の名前って、細かいですね。

R

あー細かいですねww

T2

なんやかんやで

東京オリンピックが始まりました。

どんなドラマが生まれるか楽しみですね。

にほんブログ村

MAGMAG ランド |

コメント

タイトルとURLをコピーしました