スポンサーリンク

いきなりステーキ 社内報流失 詐欺師?「300gで注文されて350gになっても切り落とすな」

食べ物
スポンサーリンク

5月21日付のペッパーフード社内報(第289号)に掲載された「令和3年 社長のステーキ肉カットのノウハウ」

一瀬社長自ら、正確なグラム数を切り分けるためのコツを解説したものだ。

社内報ではあるが、ネットでも読める。

社内報 | 会社情報 | 株式会社ペッパーフードサービス (pepper-fs.co.jp)

客が希望する肉量を切り分ける「オーダーカット」の説明

グラム調整のために肉を切り落とすとロスが生まれると指摘。次のように説明している。

「ナイフを置いてから、お客様の目を見て『この位でいかがでしょうか?』とお伺いします。

お客様から『どの位の重さになりますか?』と聞かれたら、『およそ300gです』と答えられますよね。

お客様から『それでお願いします』と言われたら、カットマンは、『多少前後する事がございますが、よろしいでしょうか』と言いますと、お客様は了承して下さいます」

一瀬社長
一瀬社長

「カットして肉が、350gになってしまっても、従来のように限りなく300gになる様に切りおとさないでください。

一瀬社長
一瀬社長

この場合、従来ですと『すみません』と言って300g近くまで切り落としてお客様のご納得をしていただいていました。

しかし、計量して350gになってしまったら、先ずはお客様の目を見て、間を取ります。

一瀬社長
一瀬社長

次に『レアがオススメですが、焼き方をお伺いします』と言います」

「もし、お客様がもう少し減らして下さいと言った場合だけ、少し減らして差し上げます」

客からの申し出がない限り切り落とさないように指導していることになる。

この場合、客が払う料金は300g分ではなく350g分だ。

R
R

酷い話ですね。

俺「300で」
店員「切ったら350gになったんですけどいいですか?」
俺「ええで(お、サービスしてくれんのか)」
店員「じゃあ350g分払ってください」

なにこれw

Twitterでの皆さんの反応

T2
T2

そもそも社内報なのに

一般の人が自由に見れる時点であたおかですねwww

『 いきなり!ステーキ 』閉店ラッシュ 2021年2月12日 運命の決算発表 | | (magmag.games)


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました