スポンサーリンク

サントリー 自販機等事業を再編 AIを導入 さようなら 『サントリービバレッジサービス・ジャパンビバレッジ』 

自動販売機

2021年5月19日

サントリー食品インターナショナルが自販機等事業を2022年に再編することを発表。

サントリー
スポンサーリンク

サントリー食品インターナショナル

サントリー食品インターナショナル株式会社 (英: Suntory Beverage & Food Limited)

日本の洋酒・ビールメーカーであるサントリーホールディングス傘下の清涼飲料事業子会社である。

サントリーグループ内のソフトドリンク部門を受け持つ。

主要機能子会社のサントリーフーズを主軸に国内外に事業を展開している。

2013年7月3日に東証1部に上場 (東証1部 2587)

サントリーグループの

自動販売機の会社を統合するようです。

R
R

複数の会社があったんですね。

再編の目的および内容

世の中の動きとともに、飲料市場においても同社グループを取り巻く環境は

ますますその変化のスピードを速めている。

同社はその環境変化や将来を見据えた体制の検討を常に行っており、

今回その一環として自動販売機等事業を再編することを決定。

具体的には、流通パートナーである、小売店・卸店向け販売に加え、

自動販売機オペレーター向け販売をサントリーフーズに集約。

自動販売機等によって直接ユーザーに価値を届ける事業については、

サントリービバレッジソリューション、サントリービバレッジサービス

およびジャパンビバレッジの統合により誕生する、

《新生》サントリービバレッジソリューションに集約する。

2015年 日本たばこ産業が飲料撤退

JT飲料

5月25日 – 同年9月をもって飲料事業からの撤退を表明している日本たばこ産業株式会社(JT)との間で株式会社ジャパンビバレッジホールディングス、ジェイティエースター株式会社、株式会社ジャパンビバレッジエコロジーの株式、「Roots」、「桃の天然水」のブランド取得について基本合意書を締結したことを発表。


7月7日 – JTとの間で最終契約書を締結したことを発表

7月31日 – JTから飲料自動販売機オペレーター事業子会社3社の株式と2つのブランドを取得。

株式会社ジャパンビバレッジホールディングスとジェイティエースター株式会社がグループの一員となる。

R
R

あージャパンビバレッジって

聞いたことあります、あの有給クイズww

T2
T2

よく知っていますねw

株式会社ジャパンビバレッジホールディングスとは?

自動販売機での飲料水・食品などの販売、

また自動販売機の維持と管理を行うジャパンビバレッジグループの持株会社である。

販売機保有台数は約25万台で日本第4位、

自動販売機専業オペレーターとしては日本第1位。

2015年7月 – JTが保有していた当社株式がサントリー食品インターナショナルへ譲渡されたことを受け、同社の子会社となる。

特徴

複数のメーカーの商品を1台に集約した「コンビ機」というオリジナルの自動販売機を展開している。

・メーカー機(サントリー・キリンなど)

・紙コップ機

・紙パック機

・給茶機 など

自動販売機 | ジャパンビバレッジ (jbinc.co.jp)

有給休暇チャンス

“有給チャンス”クイズ 親会社は2年前に把握(18/08/24)

ジャパンビバレッジ支店長顔画像、「有給休暇チャンス」クイズで権利侵害!どんな会社なの? | 豆柴ちゃんの豆知識ブログ (milky-cafe.com)

ジャパンビバレッジ子会社9社の統合

2021年 1月1日付

傘下にある9社を統合し、経費削減を含めた業務の効率化を図っていくことになりました。

T2
T2

事前に準備をされていたようですね。

T2
T2

残念ながら、6月15日のボーナスは減額となったようですね。

売上不振が影響していると思います。

サントリービバレッジソリューション株式会社とは?

事業内容


・自動販売機事業

サントリー

・ファウンテン事業

・ウォーター事業等

サントリービバレッジサービス とは?

自動販売機チャネルを主とする清涼飲料販売(自販機オペレーター)

上の3つの事業(自動販売機事業、ファウンテン事業、ウォーター事業)

プラス小売店事業 

従業員 2,941名(2021年1月1日現在)

自動販売機を通じ、飲料・食品等の販売。サントリービバレッジサービス株式会社 (suntory.co.jp)

T2
T2

ちょっとわかりにくいですが

こんな感じになります。

体制図(商品・サービスの流れ)

T2
T2

サントリービバレッジサービス・ジャパンビバレッジ

この社名が無くなります。

同再編のスキーム

 同社グループが日本国内にて運営する事業を、消費者に商品・サービスを届ける方式により区分し、流通パートナーを通じて消費者に商品・サービスを届ける事業をサントリーフーズに、同社グループが直接ユーザーに商品・サービスを届ける事業を《新生》サントリービバレッジソリューションに、それぞれ集約。

《新生》サントリービバレッジソリューションの概要(2022年1月1日予定)

(1)商号:サントリービバレッジソリューション(現商号:ジャパンビバレッジ)
(2)所在地:未定
(3)代表者の役職・氏名:未定
(4)事業内容:自動販売機等による各種食品飲料の販売
(5)資本金:未定

メリット

・同じ地域の統廃合によりエリアが狭くなり、サービス向上 (サービス強化)

・ルート効率もアップ(時間・走行距離削減)

・固定費削減 間接人員の削減 (利益アップ)

・会社の規模がでかくなる。(自販機35万台以上?・売上2,500億~3,000億円?)

R
R

なるほどですね

T2
T2

やはり、新型コロナウイルスの影響で

売上が下がっているのが今回の再編でしょうね。

R
R

テレワーク推進とかされたら

自販機売れないでしょうね。

T2
T2

ウォーター事業が伸びる可能性が高いですね。

新生・サントリービバレッジソリューションでは、直販事業ならではのヒトの力にデジタル技術を融合させて顧客満足度の一層の向上と経営効率の進化を図っていく。

国内飲料自動販売機等事業に関するグループ会社再編のお知らせ | ニュースリリース一覧 | サントリー食品インターナショナル (suntory.co.jp)

ニチレイさん 自販機事業撤退

T2
T2

無くなると寂しいのが自販機ですね

R

ニチレイの冷食

高速道路のSAでよく食べたなw

弁当が買える自販機?

T2
T2

出汁の自販機・ラーメン自販機

無茶苦茶売れてるそうです。

R

そんな自販機があるのですね。

T2
T2

これからは

新しい柔軟な発想が必要なようです。

緊急事態宣言が延長の見込み

T2
T2

はやく新型コロナウイルスが落ち着いて欲しいですね。

10年で116万台減少! 「世界一の自販機大国ニッポン」はなぜ衰退したのか

・「日本は世界一の自販機大国」

普及台数では米国に及ばないものの、人口比にすると世界一の多さであることに加えて、他国では別々の自販機で売られることが一般的な、温かい飲料と、冷たい飲料が一つの自販機で売られるなど、高い技術力がある。

自販機は、日本の技術力や豊かさを体現しているサービスだけではなく、治安の良さや、日本人の民度の高さを象徴した「文化」といった側面もある。

減少の理由

・コンビニ(カウンターコーヒー)

・人口の減少

・ウオーターサーバーなどの普及

それに対して…

サントリー食品が自販機事業を改革。収益拡大を狙う「AIコラミング」

自販機1台当たりの収益性を向上させるため、人工知能(AI)や無線を活用する在庫や

販売動向の管理手法「AIコラミング」を導入。

飲料総研(東京都新宿区)によると、自販機での飲料の販売数量は他の販路との競合などがあり07年をピークに微減が続き、20年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、前年比15%減と落ち込んだ。これに合わせて、1台当たりの販売数量も07年をピークに減少。19年までは年数%の減少幅で推移していたが、20年は前年比12%減となり、収益性の低下が課題となっている。

サントリーが取り組むのが、20年からテストを始めた「AIコラミング」

AIコラミングとは?

自販機に無線を取り付け、在庫状況を常時把握。これにより、自販機の欠品を減らし、オペレーションのルートを最適化することで効率化を図る。

将来的には需要予測につなげ、より売れる商品を売れる場所、売れるタイミングで置き、

売れる自販機を効率よくオペレーションする仕組みを作る。

T2
T2

自販機業界にもAIが導入ですね。

さて、どうなるでしょうか?

ワンちゃん有?『3053 ペッパーフードサービス』いきなりステーキ 第一四半期決算発表 営業利益が計画比258百万円のプラス | | (magmag.games)

サントリー ホームページ (suntory.co.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました