スポンサーリンク

【ペッパーランチ】売却 いきなりステーキ倒産か?

新型コロナウイルス
スポンサーリンク

いきなりステーキ

これまでの倒産は中小企業がほとんどだったが、今後は大手でも存続の危機を迎える可能性がある。中でも、「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスについては資金ショートの危険性が懸念されている。

いきなり!ステーキは厚切りの大きなステーキが安い価格で食べられることが人気となり、2017年ごろに立ち食いステーキの大ブームを巻き起こした。しかし、度重なる値上げに加え、自社競合を考慮しない急速な出店拡大があだとなり、次第に消費者が離れていった。既存店売上高は2018年4月以降、25カ月連続で前年同月割れが続いている。

 ペッパーフードサービスの2019年12月期の売上高は前期比6.3%増の675億円となった、7100万円の営業赤字に転落。純資産はわずか5.9億円、自己資本比率はわずか2%にまで低下。その後、3月になって、資金繰りに懸念が生じていることなどを理由に、同期の有価証券報告書には「継続企業の前提に関する事項」の注記がついた。

 2020年12月期に入っても客数の減少は続いている。既存店売上高は2月が前年同月比で38.7%減、3月は48.9%減、4月の62.6%減と落ち込み幅が深くなっている。5月も50.6%減だった。

 5月に入ると、新型コロナの影響で直営店全店を休業。緊急事態宣言の解除を受けて5月15日から営業を順次再開しているものの、国内429店舗のうち108店舗がいまだに休業中だ(6月9日時点)。17店舗の閉店が決定しており、同社のIR担当者は「現在休業中の店舗もこのまま閉店することもありうる」と追加閉店の可能性を否定しない。

 2019年12月末時点で493店だった国内店舗が、2020年5月末は414店にまで減少。今年に入ってから79店舗を閉店したことが、5月の月次動向の数値から明らかになりました。

 既存店の不振は、運営会社の資金繰りを直撃している。2018年12月期末に67億円あった現預金は、2019年12月期末に24億円まで減少。月商の半分以下しかない水準に落ち込んだ。さらに現預金が10億円未満にまで減少していてもおかしくない。

 苦しい資金繰りを打開しようと資金調達も進めてきたが、状況は芳しくない。2019年12月27日にSMBC日興証券を割当先とする新株予約権発行を発表し、約69億円の資金調達を目指した。しかし、株価は12月27日の終値1294円から下落を続け、3月6日の終値は644円と、新株予約権の下限行使価額である666円を下回り続けている。6月12日時点で調達できたのは17億円にとどまる。

 6月1日には、ペッパー社に11.6%出資する第2位株主で、主要な仕入れ先である食肉卸・エスフーズの村上真之助社長個人から有担保で20億円を借り入れた。ところが、この借入金の返済期限は7月末。営業を一部再開した6月分の原材料費の支払いが7月20日に控えていることもあり、「7月20日から同月末が資金面の山場」と指摘する。 

 同じく6月1日には、前期部門黒字のペッパーランチ事業を新設子会社に分社化した。外食業界では「この子会社を売って資金を得るつもりではないか」など憶測も?

ペッパーランチ事業売却

外食チェーン大手のペッパーフードサービスが、主力の「ペッパーランチ」事業を売却する方針を固めたことが18日、分かった。売却により得た資金で、不振の「いきなり!ステーキ」事業の立て直しを目指す。

 なぜ?業績が安定しているペッパーを売却して

売上不振のいきなりステーキを残したのか?

新型コロナの感染拡大で売り上げが一段と低迷しており、売却により得た資金で立て直しを目指すようです。

ペッパーフード売却により100億円の現金を手にすることができる。

エスフーズの村上真之助社長個人から有担保で20億円を借り入れたお金を返すと

残りは80億円でいきなりステーキは復活することが出来るのだろうか?

売却先の予定

 食肉卸大手のエスフーズやコメ卸最大手の神明ホールディングス(神戸市)による連合などが買収に名乗りを上げるとみられる。

 個人的にお金を借りていたエスフーズは予想どうりですが、神明ホールディングスとの連合に売却は、かなりの前から話がついていた感がありますね。

いきなりステーキ売上状況

2020年5月の売上は前年同月比76.9%減、客単価も19.7%減

店舗数は5月に11店舗減で、414店舗

国内の108店舗がいまだに休業中だ(6月9日時点)。

17店舗の閉店がすでに決定しており

【現在休業中の店舗もこのまま閉店するのでは?】

閉店費用を1店舗 (休業店舗のみ)

1,000万としても、10億円は閉店費用として必要。

賃貸の契約違約金等が発生するので、もう少し必要かもしれません。

売上アップ対策

6月22日から、「サラダバー・スープバー・ライスバー」の実施店舗を拡大する

提供価格は480円(以下税別)、お代わり可。ランチタイムは1回のみ利用200円で、プラス280円でおかわり可となる

更に「業務用マスク」の販売も

今年の1月からネット通販で販売をスタートした「笑顔の見えるマスク」

同店で従業員が着用していたもので、口を覆う部分が防曇・抗菌加工が施されたプラスティック素材の透明フィルムでできている

抗菌加工済みなほか、洗って使えるために経済的という触れ込みで、10個入りが税込5280円というプライスで販売

いきなりステーキは平成25年の開店以降、肉の量り売りなどが人気を呼んだ。

30年には年間約200店を出店し、急激に店舗を増やしたのが失敗だったのでは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました