スポンサーリンク

激やば『いきなりステーキ 』ステーキチェーン ブロンコビリーよりも肉質はいいとディスる

食べ物

スポンサーリンク

ペッパーフードサービス株主総会2021

一瀬邦夫社長「1000円以下のステーキ屋が出ているが、いきなりステーキは上質肉を武器に独自路線を行く。原点に帰る」

20年4月「ペッパーランチ」事業を継承した株式会社JPの全株式を投資ファンドに85億円で譲渡

  店舗もこの1年ほどで4割ほど減らしていて、3月末には1号店の銀座四丁目店も閉店

ー1.2億円(18年12月期)、ー27億円(19年12月期)、ー39.5億円(20年12月期)

3期連続で最終赤字を計上

原因

・ニューヨーク進出失敗

・他社のステーキ業態への参入

・新型コロナウィルス感染拡大によって業績が悪化

・拡大による自社店舗同士が競合になる“カニバリゼーション”

・たび重なる商品の値上げ など

T2
T2

創業時は6割ほどの原価率を武器に珍しかったステーキの立ち食いがヒット。

しかし、店舗拡大の過程で値上げが繰り返され、お得感がなくなりましたね。

やっぱりステーキステーキリバーベみんなのキッチン

他社の1000円以下のステーキ店がレッドオーシャン状態です。

激やば『 いきなり!ステーキ 』肉マイレージ制度改悪 迷走中 | (magmag.games)

T2
T2

暗い話ばかりですが

少し明るいニュースも

・不採算店舗の退店を進めているため、業績悪化の原因の1つであるカニバリゼーションは解消

・20年12月期第4四半期は単体で営業黒字に転換

R
R

店舗数が多すぎたんですねww

T2
T2

今回の株主総会ですが・・・

3期連続の赤字なのに、一瀬社長が自信満々だったようです。

R

あの社長ですか・・・

一瀬社長の謎の自信満々

・8230円をつけた株価も300円前後

・自己資本比率は2%ほどまで低迷(20年12月末時点)

・今期は0.54億円の最終黒字を計画 (根拠がよくわからない)

このような状況での社長の発言がこちら

一瀬社長
一瀬社長

業績を落とす中でも食材の品質は落としていない

一瀬社長
一瀬社長

競合のステーキチェーン『ブロンコビリー』よりも

肉質はいいですねwww

株主
株主

なぜ、ブロンコビリー?

せめて、やっぱりステーキならわかるけど…

株主
株主

求めてるのは肉質とかじゃなく

顧客満足度なんですが?

ブロンコビリー とは?

株式会社ブロンコビリーは、東海地方(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県)を中心にステーキレストランチェーンを運営している会社。

2018年末時点での店舗数は135店舗

T2
T2

ブロンコビリーは肉を焼いてるパフォーマンスと

種類が豊富なサラダバー・スープバー・ドリンクバーがあります。

R

お肉も美味しいですが

ハンバーグも美味しいですよね。

T2
T2

家族連れが多く

満足度が高いですね。

R

比較する相手では無いですね

Twitterでの皆さんの反応

T2
T2

他社のことを言う前に

自分の店舗をもう一度見て考えた方がいいですね。

R

どの店もガラガラですからねぇ

T2
T2

いきなりステーキの復活を期待しましょう。

R

ブロンコビリー行きたくなりましたwww

コメント

タイトルとURLをコピーしました