ついにシリーズ完結 TVアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』The seven deadly sins |
Sponsoring
Sponsoring

ついにシリーズ完結 TVアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』The seven deadly sins

少年マガジン
この記事は約10分で読めます。
Sponsoring
Sponsoring
Sponsoring

『七つの大罪』とは?

『七つの大罪』(ななつのたいざい、The Seven Deadly Sins)は、鈴木央による日本の漫画作品。

『週刊少年マガジン』(講談社)にて2011年52号の読切作品を経て、2012年45号から2020年17号まで連載された。

2015年、第39回講談社漫画賞・少年部門受賞。本編完結時点で累計発行部数は3700万部を突破。

テレビアニメ

第1期から第2期までは毎日放送をはじめとするTBS系列全28局にて放送。

・第1期は2014年10月5日より2015年3月29日まで

2016年8月28日より9月18日まで4週連続でテレビスペシャル

『七つの大罪 聖戦の予兆』

・第2期は2018年1月6日より6月30日まで

『七つの大罪 戒めの復活』

第3期から第4期は放送局はテレビ東京系列に、アニメーション制作はスタジオディーンにそれぞれ変更されて放送。

・第3期は2019年10月9日より2020年3月25日まで

『七つの大罪 神々の逆鱗』

・第4期は2021年1月13日より放送予定

『七つの大罪 憤怒の審判』

ストーリー

いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。

絶大なる魔力を有し、人々から敬われ、時に恐れられる存在<聖騎士>に守られた『リオネス王国』。王国の王女エリザベスは、たった一人国を離れ、ある者たちを探す旅に出ていた。

それは最強最悪の騎士団として恐れられ、国を裏切り、全聖騎士を敵に回した罪人たち──<七つの大罪>。たどり着いた一軒の酒場で、エリザベスは店主を名乗る少年・メリオダスに出会う。

それは、彼女と七つの大罪たち、そして世界の命運を一変させるとびきりの冒険の始まりであった。

スタッフ (七つの大罪 憤怒の審判)

原作
鈴木 央(講談社「週刊少年マガジン」)
監督
西澤 晋
シリーズ構成
池田臨太郎
アニメーションキャラクター設定
西野理惠
音響監督
横田知加子
音楽
澤野弘之/KOHTA YAMAMOTO/和田貴史
アニメーション制作
スタジオディーン
アニメーション制作協力
マーヴィージャック
製作
「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会

主題歌

オープニングテーマ

「熱情のスペクトラム」
第1期第1話から第12話まで使用されたいきものがかりによる楽曲。作詞・作曲は水野良樹、編曲は近藤隆史と田中ユウスケ。
「Seven Deadly Sins」
第1期第13話から第23話、およびOAD第2弾で使用された。作詞はKamikaze BoyとJean-Ken Johnny、作曲はKamikaze Boy、編曲・歌はMAN WITH A MISSION。
「CLASSIC」
TVSPで使用されたMUCCによる楽曲。作詞はYUKKEと達瑯、作曲はYUKKE、編曲はミヤ & Ken。
「Howling」
第2期第1話から第12話まで使用された。作詞はKohshi Asakawa・Keigo Hayashi・Kisho Taniyama、作曲はTakeshi AsakawaとMasaaki Iizuka、編曲・歌はFLOW×GRANRODEO。
「雨が降るから虹が出る」
第2期第13話から第24話まで使用された。作詞・歌はスカイピース、作曲・編曲は宮川拓。
「ROB THE FRONTIER」
第3期第1話から第12話まで使用されたUVERworldによる楽曲。作詞はTAKUYA∞、作曲は信人とTAKUYA∞、編曲はUVERworldと平出悟。
「delete」
第3期第13話から第24話まで使用された。作詞はマオ、作曲は御恵明希、編曲・歌はシド。

第4期

ポルノグラフィティのボーカル岡野昭仁

「光あれ」 アーティスト:岡野昭仁 作詞:n-buna 作曲・編曲:澤野弘之

エンディングテーマ

「7 -seven-」
第1期第2話から第12話、およびOAD第2弾で使用された。作詞はKohshi Asakawaと谷山紀章、作曲はTakeshi Asakawa、編曲・歌はFLOW×GRANRODEO。
「Season」
第1期第13話から第24話、およびOAD第1弾で使用された。作詞・歌は瀧川ありさ、作曲・編曲は瀧川ありさと渡辺拓也。
「色褪せない瞳」
TVSPで使用された。作詞・歌は瀧川ありさ、作曲は奥井康介と瀧川ありさ、編曲は渡辺拓也。
「Beautiful」
第2期第1話から第12話まで使用された。作詞・作曲・歌はAnly、編曲はJeff Miyahara。
「誓い」
第2期第13話から第23話まで使用された雨宮天による楽曲。作詞はTOMO、作曲はglasswerks、編曲はCarlos K.と谷口尚久。
「Regeneration」
第3期第1話から第12話まで使用された雨宮天による楽曲。作詞はKOUTAPAI、作・編曲はSaku。
「Good day」
第3期第13話から第24話まで使用された足立佳奈による楽曲。作詞は足立佳奈と中村泰輔、作・編曲は中村泰輔。

キャスト

メリオダス声 – 梶裕貴

身長:152cm / 体重:50kg / 血液型:B型 / 種族:魔神族 / 誕生日:7月25日 / 年齢:3000歳以上

移動酒場〈豚の帽子〉亭店主にして〈七つの大罪〉の団長で、通称「〈憤怒の罪(ドラゴン・シン)〉のメリオダス」。

飄々とした気さくな性格の持ち主で、本来は不利なはずの状況でも滅多なことでは動じず、相手の経歴や種族にも差別をしない竹を割ったような気質で団員の信頼を勝ち得ている。

特定の女性に対してはスケベで、エリザベスとリズへのセクハラの常習犯。

なぜか不味い料理しか作れない

エリザベス・リオネス声 – 雨宮天

身長:162cm / 体重:不明 / 血液型:O型 / 種族:人間(元女神族) / 誕生日:6月12日 / 年齢:16歳

リオネス王国第3王女。〈豚の帽子〉亭ウェイトレス。メリオダス不在時はマスターも兼任していた。なお彼女も料理が苦手である。

実は国王バルトラの実子ではなく養子。王家の血を持たないばかりか亡国ダナフォールの出身。王国奪還の際、ヘンドリクセンからは「森の賢者(ドルイド)」の巫女の血を引く「女神族の使徒」と呼ばれていた。

ホーク声 – 久野美咲

身長:体長100cm・体高50cm / 体重140kg / 血液型:B型 / 種族:豚 / 誕生日:8月6日生まれ / 年齢:16歳

人語を理解し、話せる豚。メリオダスの友人であり、自称『残飯処理騎士団』団長。

基本的に〈豚の帽子〉亭の残飯処理などを請け負うが、バイゼル喧嘩祭りなど酒樽を担いで商売をすることもある。

その正体は魔神王によって連れてこられた煉獄の生物であり、本名はマイルド。

バン声 – 鈴木達央、雨宮天(幼少期)

身長:210cm / 体重:70kg / 血液型:B型 / 種族:元人間 / 誕生日:2月14日 / 年齢:43歳(肉体年齢は23歳)

〈七つの大罪〉の一員で、通称「〈強欲の罪(フォックス・シン)〉のバン」

料理上手であるため〈豚の帽子〉亭のコックを担当。

不死の肉体を持つ青年。血を飲ませることで他人を回復させることが出来る。

かつて投獄されていたところをメリオダスに勧誘され、〈七つの大罪〉の一員となった。

ディアンヌ声 – 悠木碧

身長:915cm / 体重:不明 / 血液型:O型 / 種族:巨人族 / 誕生日:12月24日 / 年齢:約750歳(人間換算で15歳)

〈七つの大罪〉の一員で、通称「〈嫉妬の罪(サーペント・シン)〉のディアンヌ」

団の中でも一、二を争う怪力の少女だが、拗ねたり、照れると髪で顔を隠すしぐさをするなど乙女らしい一面も見せる。

約700年前、戦いを拒み巨人族の里から出奔していた際にキングと出会い、約500年間生活を共にしていたことがある。

キング / ハーレクイン声 – 福山潤

身長:160cm・体重:48kg(少年時)/ 身長:180cm・体重:120kg(おっさん時)/ 血液型:AB型 / 種族:妖精族 / 誕生日:4月1日 / 年齢:1300歳

七つの大罪〉の一員で、通称「〈怠惰の罪(グリズリー・シン)〉のキング」

妖精族の王。本名は「ハーレクイン」。

妖精界に生える神樹によって選ばれた絶対的な守護者として恐れられ、「キング」の名がついたとのこと。

ディアンヌに強い想いを寄せているものの、過去の禍根もあり素直に言い出せずにいる。

ゴウセル声 – 髙木裕平

身長:175cm / 体重:61kg / 血液型:不明 / 種族:人形 / 誕生日:6月2日 / 年齢:不明

〈七つの大罪〉の一員で、通称「〈色欲の罪(ゴート・シン)〉のゴウセル」

その正体は〈十戒〉の一角に数えられた魔神〈「無欲」のゴウセル〉が、獄中から外の世界と接触するために作り出した人形。

本体である魔神ゴウセルの死に際して「魔法の心臓」を授かり、意思ある存在として自律していたが、恋仲にあったリオネスの王女ナージャとの死別から、感情を捨て、記憶を封じていた。

何を考えているかを他者に読ませず、自らもまた空気を読めない。

マーリン声 – 坂本真綾

身長:177cm / 体重:57kg / 種族:不明 / 誕生日:12月3日 / 年齢:不明 / 血液型:AB型

〈七つの大罪〉の一員で、通称「〈暴食の罪(ボア・シン)〉のマーリン」

蠱惑的な容姿の美女。本来の姿は子供のものであるが、魔力によって大人に見せかけている。

「ブリタニア一の魔術師」であり、様々な研究の探求を求めるため自らの魔力を用いて体の時を止めている。

魔神ゴウセルの弟子でもあり、ゴウセルからは成長が末恐ろしいと言われていたという。

エスカノール声 – 杉田智和

身長:165~325cm / 体重:49~355kg / 血液型:AB型 / 種族:人間 / 誕生日:7月1日 / 年齢:40歳

〈七つの大罪〉の一員で、通称「〈傲慢の罪(ライオン・シン)〉のエスカノール」

手配書では威厳のある老人の姿で描かれているが、実際は大人しくひ弱。

真夜中の午前零時において、エスカノールの闘級は王国聖騎士の中で最弱だが、日の出と共に力が増していき正午になると同時にピークに達し、外見も筋骨隆々となる。

ピーク時の闘級は他の〈七つの大罪〉の闘級の合計を軽く凌駕する。

マーリンに強い想いを寄せており、それは昼でも夜でも変わらない。

日常ではマーリン作成の魔法の眼鏡を掛けて魔力を抑えている。

第4期 アニメ放送

シリーズ完結を描くTVアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」
2021年1月6日より放送開始!

毎週水曜、テレビ東京系にて夕方5時55分から/BSテレ東にて深夜0時30分から

いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かたれてはいなかった古の物語。

リュドシエル率いる〈光の聖痕(スティグマ)〉と魔神族による聖戦は、ブリタニア全土を巻き込み激化。 3つの戒禁を取り込んだエスタロッサは暴走し、エリザベスを連れ去った。

キング、ゴウセル、ホーク、そしてサリエルとタルミエルはその後を追い、天空演舞場跡へとたどり着く。 一方、キャメロット城では、新たなる魔神王になると決めたメリオダスが、暗黒領域の繭の中で着々と戒禁を取り込み続けていた。

メリオダスの魂を救うために自ら煉獄へと身を投じたバンは、常人では決して生きられない瘴気の中を彷徨う。

明かされるエスタロッサの正体。 決壊するゴウセルの禁呪。 数多に絡み合う思惑の行く先は。

真の敵は誰なのか。討つべき者は何なのか。 “永遠の生”と“永劫の輪廻”という運命に抗い、3000年の旅を続けてきた、メリオダスとエリザベス。二人の旅路は、どのような結末を迎えるのか──

「パチスロ七つの大罪」

サミーより

七つの大罪のスロットがついに登場しました。

T2
T2

興味のある方は、打ってみてください、

「モンスターストライク」×「TVアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」」コラボ第2弾開催決定

R
R

今回でファイナルは寂しいですが

早く見たいですねw

CHARACTER|TVアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」公式サイト (7-taizai.net)


にほんブログ村

MAGMAG ランド |

コメント

タイトルとURLをコピーしました