【新人の心得7つ】社会人と学生との差を知る スタートダッシュが大事 コロナに負けるな |
Sponsoring
Sponsoring

【新人の心得7つ】社会人と学生との差を知る スタートダッシュが大事 コロナに負けるな

情報
この記事は約4分で読めます。
Sponsoring

緊急事態宣言も解除になり、新入社員の皆さんも

やっと自宅待機から職場復帰されるのでは、ないでしょうか、?

輝かしい未来と、明日への希望をもって、6月1日~スタートされるのでしょう

新入社員が覚えておいた方が良い事、スタートダッシュを切る為に重要なことなんかを伝えましょう。

Sponsoring
Sponsoring

新社会人の心得7つ

・社会人と学生との差を知る

社会人と学生との差は何か?それは「自分の価値」を「市場に評価」されるようになることです。

・たくさんのことを教えてもらえるのに給与がもらえます。でも、評価されなかったら追い込まれるかもしれません。

・付加価値が高い人間であれば、どこにでも転職できるし、独立したって大丈夫でも価値がない人間になってしまったら、人生の選択肢が超絞られます。

社会人になったら、自分に圧倒的な付加価値をつけましょう。そして、上司を意識するより市場に評価されるような高い視点を持ちましょう。

・自分の説明書を用意する

新人として自分の説明書、いわゆる自己紹介ですね。

得意な人は得意ですが、不得意な人はほんとうに憂鬱な工程です。

でも、安心してください。

最初の自己紹介なんてものは、昨日の晩飯のメニューのように先輩たちは忘れるものです。

1分ぐらいがちょうどいいですね、練習しておきましょう

・報連相をマスターする

どの会社でも言われることになるのが「ホウレンソウ」の重要性。

ここで、気を付けなければいけないのが、報連相する手段です。

昔と違い、現在は上司に連絡する手段がたくさんあります。

「直接」「電話」「メール」「LINE」「Twitter」などが主な手段。

選択肢がたくさんありますが、どれが正解なのでしょうか?

正解は『会社や上司の好みによって異なる』です。

ベターな方法は、まずは「直接言うこと」や「電話で伝える」ことをしっかり守り、上司から「LINEでいいよ」と言われれば、その方法に従いましょう。

お客様には直接か電話がいいと思います。

・自分の価値観は捨てる

とても大切なこと。

自分の価値観を捨てて会社や上司、先輩の言うことに従いましょう。

それが1番簡単です。

ただし犯罪やパワハラ・セクハラなどは我慢せず会社の相談する場所に報告しましょう。

我慢することが美学ではありません。

小さな価値観で動いていると、損することがありすぎます。

そして、価値観を捨てきっても必ずや成功をするとも限らないのが大人の世界。

努力が報われるとは限りません、社会に出れば評価されるのは経過より結果。

しかしながら、努力しないと絶対成功しないのも社会です。

・マナーを学ぼう

基本的なことは、ネットや本にでていることで充分です。

ただし、会社によって細かい礼儀作法が違ったりします。

特に最初は、名刺交換などが難しいと思いますが、正直言って、ちゃんと名刺交換が出来ている人は少ないです、地域によっても微妙に違いますね。

関西は同時に交換が多いですが、他のエリアは違いますね。

ノックの回数/挨拶の仕方、この辺は、入社後しっかり聞ける機会を見つけて聞いておきましょう。

・会社の雰囲気に馴染めるのか

だれでも心配になるコミュニケーションの輪。

この心配は、100人いれば99人は抱えているので、ある種気にしなくて大丈夫です。

馴染めなくても、何とかなります。

・スタートが大事・ただ会社はマラソンと同じでペース配分も大事

最初の3か月~1年間で、その後の人生が決まることもおおいですが、ミスをしてしまうと終わりと考える人が多く・3年ぐらいで退職される人もいます。

人生はマラソンです・駅伝かも知れません

走り続けることが大事なんです。

会社の組織で一人だけが頑張っても、たかが知れています。

組織は チーム力です

各個人が力を出し合うことによって、2倍にも3倍にもなります。

最後まであきらめないように頑張りましょう

コロナ不況で会社が潰れた人・予定していた部署が無くなった人

飲食店やホテル関連は特に厳しい状況ですが、皆さんの新しい力を借りて

乗り切りましょう。

MAGMAG ランド |

コメント

タイトルとURLをコピーしました